ユキイオの雑記ブログ

仮想通貨(暗号通貨)、ワーキングマザー、子育て、スノーボード、好きなモノ、旅行などについて情報発信します☆

子どものウィンタースポーツデビューは何歳からが正解!?スクールに入れる?入れない?

 

f:id:yukiio:20181201162143j:plain

 

こんにちは。ユキイオ(@yuukiiioo)です。

 

スキーヤー、スノーボーダーのお父さん、お母さんたちは、子どもがある程度大きくなったら、家族でウィンタースポーツを楽しみたい!子どもにも雪山やウィンタースポーツの楽しさを知ってもらいたい!と思っているのではないでしょうか?


子どもが生まれる前までは毎週のようにゲレンデへ足を運んでいたわが家でも、早く子どもと一緒にウィンタースポーツを楽しみたい!!と思っています。いつか家族みんなでリフトに乗ってスキーやスノーボードをすることが今の目標です!


今回は、そんなわが家の長女(当時3歳)のウィンタースポーツデビューはどんな感じだったのか、書いてみたいと思います!

 

 

  

 

いつから始めるのが正解?

 

いつか子どもと一緒に滑りたい!というお父さん、お母さんなら、子どもにもなるべく早めにスキーやスノーボードにチャレンジしてもらたい!と思うのではないでしょうか?


スキースクールは3歳から、スノーボードスクールはスキーより少し大きめの5歳からや小学生から、教えてくれるところが多いです。


わが家も張り切って、3歳からとりあえずスキーにチャレンジできたらいいね!と言っていました。ところが9月生まれの長女は、3歳3ヶ月(12月)の時にはまだ明らかに筋肉の発達が不十分で関節も柔らかく、スキー靴を履いてもろくに歩けないだろうな、という印象でした。本人もスキーやスノーボードにはあまり興味を示さず、ソリや雪遊びが楽しい様子でした。


始める時は年齢だけでなく、お子さんの体の発達具合、主に脚力や運動能力、あとはやる気も大事ですね。

 

 

まずは本人のやる気次第!?


親がどんなにやらせたくても、本人のやる気スイッチが入らなければ楽しんで取り組んでもらうことはできませんよね。わが家では、まだ十分に発達していない娘の体のこともあり、まずは本人がやる気になるまで待つことに決めました。

 

今一番大切なことは、雪山を楽しんでもらうこと!好きになってもらうこと!そう考え、本人がやりたいと言い出すまでは、ソリや雪遊びにとことん付き合うことにしました!

 

今シーズンはもうスキーを履くことはないだろうな…。と思っていた、娘3歳のシーズン後半。3月のことでした。一緒にゲレンデに行った祖母の「スキーやってみたら?」という言葉に「スキーやってみたい!」と言い出した娘。

 

3歳6ヶ月の、まさかの宣言でした!子どもは、いつやる気スイッチが入るか分かりませんね。おだてるのが上手なおじいちゃん、おばあちゃんや、一緒に取り組めるお友達がいると、慎重な性格の子でも意外とやる気になったりするのかもしれません。

 

 

スクールには入れるべき?

 

娘がスキーを初めて履いた時は、急に言い出したこともありスクールには申し込みませんでした。仮に時間に余裕があったとしても、まだ体がついていかないだろうという懸念があったため、スクールには申し込まなかったと思います。


約2時間のスキー、スノーボードスクール。インストラクターは、子どもが飽きないように、遊びを取り入れたりしながら上手に教えてくれますが、あまり小さいと子どもにとって負担になってしまうこともあるかもしれません。お子さんの状態を見てスクールに入るかどうか検討してあげてください。


娘は、初めてのスキーはキッズ専用スペースで約30分間楽しんでいました。まだ筋力がなく、カニさん歩きで斜面を登ることもできませんでしたので、大人が上まで連れていって少し滑る、を繰り返しました。緩斜面で自然と止まれる地形もよかったです。

 

初めて雪上を滑る感覚が新鮮だったのでしょう。「楽しい!」と言ってくれました!(それが聞きたかった!!笑)

 

初めてのスキーは、たったの30分で疲れてしまって休憩し、このまま今日のスキーは終わりかなーと思っていましたが、ゴハンを食べて元気が出たのか、もう一度やる!と言って午後も少しスキーをしました。

 

「来シーズンはスクールに入って先生に教えてもらおうか!?」と聞くと、「うん!!」という元気な返事が返ってきました。まずは楽しんで好きになってもらうという、大事な導入部分はどうやら成功したようです☆

 


まとめ!!

 

スクールの年齢制限を参考にすれば、一般的にスキーは3歳、スノーボードは5歳くらいから取り組むことが可能です。


ただし、子どもの成長は個人差が大きく、一概に何歳からどちらのスポーツが適しているかということは言えません。わが子の体の成長や心の成長をしっかりと見極めて、決して無理はさせず、けれども本人の『やりたい!』タイミングを見逃すことなく、いいウィンタースポーツデビューのフォローをしてあげたいですね…!


雪山でしか味わえない自然に触れることの楽しさを家族皆で共有し、いいシーズンにしましょう!!