ユキイオの雑記ブログ

仮想通貨(暗号通貨)、ワーキングマザー、子育て、スノーボード、好きなモノ、旅行などについて情報発信します☆

子どものウィンタースポーツデビュー!スキー、スノーボードどっちがいいの!?スキーから始めた方がよいという意見が多いのはなぜ?

 

f:id:yukiio:20181209083100j:plain

 

こんにちは。ユキイオ(@yuukiiioo)です。

 

初めて子どもが挑戦するウィンタースポーツには、スキー、スノーボードどちらがいいのでしょうか!?スキーから始めたほうがよいという意見が多いようですが、特にスノーボーダーの親御さんは悩み所ではないでしょうか!?

 

なぜ、スキーから始めた方がよいという意見が多いのか、まとめてみました!

 

 

 


①滑れるようになるのが早い!

 

スキーは2本の板の上に立ち、前を向いて滑るその性質から、初心者が比較的楽に「とりあえず滑れる」ようになります。初心者がまず滑るという段階では、スキーの方が筋力も不要です。

 

小さい子どもが挑戦しやすいスポーツという意味で、これは大きな利点です。

 

一方、スノーボードは普段と違い両足を固定され、横を向いて滑ります。

 

始めは立ち上がること自体難しく、転倒もスキーに比べると圧倒的に多くなります。滑る感覚をつかむまでが大変で、上手に教えないと小さい子にとっては辛い経験をさせてしまいます。

 


②レンタルギアのサイズ

 

これは意外と知らない方が多い気がしますが、スキーブーツはだいたい15センチから、スノーボードブーツはだいたい17センチくらいから貸出ししているレンタルショップが多いです。

 

また、購入する場合も15センチくらいのスノーボードブーツはなかなか見つかりません。売っている量が少ないのか、ネットで見つけても売り切れていたりすることも少なくありません。

 


③逆エッジで頭を打つ危険性

 

スノーボードの初心者がよくやってしまう『逆エッジ』。これは、通常山側のエッジを使って滑るところを、意図せずに逆(谷側)のエッジに乗ってしまうことをいいます。

 

そうすると、雪面にスノーボードがひっかかった感じになるため、不意に『バタン!!』と転倒してしまいます。

 

谷側に勢いよく体が投げ出されることが多く、頭を打ちやすいのです。

スノーボードをまだうまく操作できない初心者がよくやってしまうのが『逆エッジ』です。ヘルメットを装着せずに滑ると命を落としかねない危険なものです。

 

 

まとめ

 

スノーボードを始めるには、3歳くらいの小さな子どもにはちょっとハードルが高いのですね。オリンピック選手をめざす!など、特別な理由がある場合は別と思いますが、小さいお子さんのウィンタースポーツデビューは、スキーの方が楽しく安全に取り組めそうです。

 

5歳くらいになれば、体もだいぶしっかりしてきて、ギアも揃えてあげやすいです。そのため、年長さんくらいからであれば、お子さんの興味によってスノーボードから始めるのもアリですね!

 

今シーズンも家族皆で雪山を楽しみましょう♪